整形外科医の世界一周旅行記

医師を1年間休職し世界一周の旅へ

7月2-3日

プラヤ・デル・カルメンから

カンクンに一旦戻り、

次に向かったのは

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903051434p:plain

キューバ

 

 

1年間の旅のルートを決めるにあたって

未だに社会主義の続くこの島国は

絶対に外せない1つでした。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903051158j:plain

メキシコカンクンから

キューバの首都ハバナへは

飛行機でわずか1時間の距離。

この区間

メキシコのLCCインテルジェット

就航しており格安で移動できます。

 

 

さて、キューバへ入国するには

   ①ツーリストカード

   ②英文での海外旅行保険証書

     (※アメリカ系保険会社のものは不可

   ③キューバ出国の航空券

を予め準備する必要があります。

 

①のツーリストカードとは

分かりやすく言うとビザみたいなものです。

 

日本にいる間にキューバ大使館に

申請して取得することもできますが

手続きがかなり面倒です。

 

しかしこれ、

カンクン空港では簡単に入手可能です。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053316j:plain

写真のようにチェックインの列に並ぶ前に

係員からツーリストカードを購入できます。

現金払いのみで

400ペソまたは25USドルでした。

 

こうしてツーリストカードを入手。 

もちろん英文での海外旅行保険証書と

出国の航空券も事前に準備。

 

万全の状態でハバナ空港に到着しましたが、

 

結果的に入国審査では

ツーリストカードを提出しただけで

海外旅行保険証書と出国の航空券の提示は

要求されず。

 

少し拍子抜けでしたが無事に入国。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053336j:plain

他国と同様に

空港でまずは現地通貨を入手しますが、

キューバには2種類の通貨があります!

 

キューバ人が使用するのは

ペソクバーノ(CUP)

(1CUP=約4円)

 

外国人が使用するのは

兌換ペソ(CUC) 

(1CUC=1USドル )

 

 

観光客は基本的には全て兌換ペソ(CUC)へ

全て両替して問題ありません。

 

因みに

手数料はレートに含まれていますが

キューバ国内ではUSドルの両替は

追加でさらに10%の手数料が発生します。

 

アメリカと激しく対立していた

名残りが感じられますね。

 

メキシコからキューバへ行く場合は

メキシコペソを余らせて持っていくことを

おすすめします。

 

 

 

次に空港から市内への移動ですが

選択肢は2つ。

 

タクシー (約30分)

 約2500-3000円(交渉次第)

 

徒歩(約40分)+ローカルバス(約60分)

⇨ 0.4ペソクバーノ(CUP)= 約2円!

 

ローカルバス安すぎやろ(笑)

 

早朝のフライトで到着し

時間は十分にあったので

ここでは②を選択。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053409j:plain

空港沿いのこんな道をひたすら歩きます。

 

この時期のキューバの最高気温は38度前後。

湿度も高く日射しも強いので結構過酷でした。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053429j:plain

汗だくになりながら約40分歩いて

バス停に到着。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053443j:plain

ここからP12番バスに乗れば

ハバナ中心部に行けます。

 

運賃は兌換ペソ(CUC)では払えないので

この方法で移動するなら

空港で少しだけ

ペソクバーノ(CUP)にも両替しておきましょう。

 

 

 

ここからはハバナの街を紹介。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903055639j:plain

キューバといえばクラシックカーが走っていることで有名。

このピカピカのは観光客用のレンタカーで

客引きが積極的に声をかけてきます。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903055649j:plain

一方でキューバ人は

本物のクラシックカーに乗っています。

故障したのかな。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903055731j:plain

最も賑うオビスポ通り。

 

キューバは近年観光業に力を入れていて

想像以上に観光客が多かったです。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053715j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190903055543j:plain

ただオビスポ通り以外はこんな感じ。

一見怖い雰囲気ですが

治安は特に問題ありませんでした。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053550j:plain

有名な革命広場

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903050741j:plain

革命家でもあり医者でもあった

チェ・ゲバラの肖像

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053625j:plain

 こちらはカミーロの肖像

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903054003j:plain

キューバではインターネットが規制されており

自由に使えないため、

Wi-Fiがある特定の公園に人が集まります。

 

Wi-Fiカードというのを購入すれば

接続可能で1時間100円程度です。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053927j:plain

公園でバスケットボールをしていた若者

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903054459j:plain

ハバナには観光客向けのレストランが

今やたくさんありますが

いつもローカル食堂に行ってました。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903054655j:plain

英語が通じないので適当にオーダーして

出てきたハムカツバーガー(約40円)

お味は、、、想像にお任せします。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903054706j:plain

キューバのピザは生地が厚めで

ふわっとしてます。

意外と美味しかった。

 

ローカル食堂でも大抵は

外国人用の兌換ペソ(CUC)で

支払い可能でした。

 

ただしお釣りはペソクバーノ(CUP)で

返ってくる場合があります。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903053910j:plain

食堂で出会ったキューバマダム

写真を撮っていいか尋ねたら

ポーズまできめてくれました。

 

 

 

 最後にハバナ安宿情報

 

キューバにはホステルというものはなく

バックパッカーカサという民泊に泊まるのが

一般的です。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903054151j:plain

 今回は日本人に人気のカサの1つ

シオマラさんの家」に宿泊。

 

ドミトリー1泊10CUC(約1100円)

施設はいつも清潔に保たれており

快適でした。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903054202j:plain

スタッフの人たちは英語を話せないけど

とても親切です。

知っているスペイン語の単語を並べて

なんとかコミュニケーション。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903054313j:plain

共用エリアには

過去の旅人たちが書き残した

日本語情報ノートがあります。

 

キューバではインターネットが

自由に使えないので役立ちます。

 

スマートフォンがなかった時代の旅が

懐かしく感じられます。

 

 

 

 

社会主義国キューバは約10年前から

段階的に経済の自由化が進んできており、

 

実際に訪れてみて

社会主義体制は

ほぼ終焉を迎えているように感じました。

 

土産屋、飲食店、タクシーの客引きは

とても積極的だし

配給された葉巻を観光客に売っている市民も

多く見かけました。

 

2019年2月には憲法改正国民投票が行われ

85%以上の国民が賛成票を投じ、

経済の自由化は

さらに加速すると予想されます。

 

 

10年前にキューバを訪れていれば

もっと独特の雰囲気を

味わえたのかもしれませんが、

 

今後はキューバという国が

どう変化していくのかに注目です。

 

 

Rio