整形外科医の世界一周旅行記

医師を1年間休職し世界一周中

10月20-21日

 

イースター島

モアイを見る以外にやる事がないので

 

2泊した後は

南米大陸に戻ります

 

 

日本人宿ハレカポネ

一緒に島を巡ったタクミ君に別れの挨拶。

 

 

いつか日本での再会を約束した後、

1人空港へ。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200125021109j:plain

次の目的地は

チリの首都サンティアゴ

 

往路では経由しただけでしたが

次は市内を観光します。

 

 

 

この旅が始まってから

何本目のフライトだろうか。

 

 

いつも通りに空港でチェックインし

搭乗開始を待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

搭乗時刻が近づいてきて

空港内にスペイン語のアナウンス。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200123113910j:plain

内容を理解できなかったが

乗客が皆カウンターに殺到する。

 

 

明らかに様子がおかしい

 

嫌な予感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて英語のアナウンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本日のフライトはキャンセルです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 マジかよ‼︎

 

 

 

 

1年も旅をすればどこかで

フライトのキャンセルに当たるだろうと

思ってはいたけど、

 

 

よりによって

こんな離島でそうなるとは(笑)

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200121214027j:plain

空港内は大混乱

 

 

 

 

キャンセルの理由は

首都サンティアゴで数日前から

起きていたデモ激化

 

 

一部の市民が暴徒化

事態が収束する目処が立たず、

 

チリ政府非常事態宣言だけでなく

戒厳令まで発令。

 

 

それに伴い

サンティアゴ発着のフライトが

大幅に制限されることに。

 

 

 

しかも代替のフライト

いつになるのかも不明とのこと。

 

 

 

もうやる事のないイースター島

あと何日滞在するんだろうか。

 

 

この日は飛行機が飛ばない事が確定したので

日本人宿ハレカポネに戻り

 

 

タクミ君と交わしたいつか再会する約束は

かくしてあっさり数時間後に

果たされました(笑)

 

 

 

 

 

 

翌日に飛行機が運行されることを

思いつく限り全ての神々に祈って

眠りにつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200121214448j:plain

サンティアゴ行きの運行決定‼︎

 

 

結果的に1日の遅延で済んで

まだ良かったし、

 

これもいい思い出と

ポジティブに捉えることにします。

 

 

 

 

往路と同じく約5時間のフライトで

サンティアゴ国際空港到着

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200121214641j:plain

空港からはタクシーに乗り

サンティアゴ市内の宿にチェックイン。

 

 

タクシーでの道中は遠目にですが

覆面で武器を持ったデモ隊、

彼らが作ったバリケード

燃やされている車などを

目の当たりにしました。

 

 

タクシーの通るルートは安全で

しかもデモの対象は政府であって

タクシーが攻撃されることはないと

聞いてはいても

 

やっぱり雰囲気は怖かったです。

 

 

 

 

旅に出てからおよそ半年が経過し

フライトが遅延でなく

キャンセルされたのは

今回が始めてでした。

 

 

やはりキャンセルとなると

色々と手続きや予定の調整が

面倒なので

 

今後はもう起こらないことを

強く願ってこの日は就寝するのでした。

 

 

Rio

 

 

10月18-19日

 

南米を周遊するにあたって

絶対に外せなかった場所の1つが

 

イースター島

 

 

この時期だと航空券が安かったので

南米に入ってまだ序盤ですが

早速行ってきました。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200121201031j:plain

イースター島へは

チリの首都サンティアゴから

飛行機で向かうのですが、

 

所要は片道5時間以上。

絶海の孤島」と呼ばれるだけあります。

 

 

なおこの区間の航空券は

LATAM航空のスペイン語版HPから

購入すると安くなる裏技があります。

 

まあすっかり有名な方法なので

もはや裏技ではありませんが。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175200j:plain

イースターに到着。

空港は驚くほど小さい。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175221j:plain

イースター島で唯一の集落

ハンガロア

 

商店やレストランはいくつもありますが

離島であるため当然輸送コストがかかり

物価はとても高い。

 

 

 

 

 

イースター島見どころいえば

言わずもがなモアイ像ですが

 

島内には約900体もあるため

モアイスポットも沢山あります。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175254j:plain

まずはハンガロア村から徒歩圏内の

アフ・タハイへ。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175313j:plain

アフ・タハイは島の西側にあるため、

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175329j:plain

サンセット鑑賞が人気です。

 

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175504j:plain

翌日はレンタカー
島内の見どころを巡ります。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175547j:plain

ハンガロア村を少し離れたら

こんな景色になります。


f:id:rio_carpe_diem:20200117175708j:plain

先住民の住居跡

 

イースター島はチリ領ですが

先住民ポリネシアなので、

 

以前にニュージーランドで見た

先住民の住居跡とよく似ています。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175730j:plain

まずは定番の見どころ

トンガリ

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175757j:plain

15体のモアイが立ち並んでおり

見応えがあります。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175815j:plain

これらのモアイは以前は倒れていたものの

 

日本のタダノというクレーン会社の援助で

このように修復されました。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175837j:plain

後ろからも1枚

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175905j:plain

続いてはトンガリキと並ぶ見どころ

ラノ・ララク

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117175931j:plain

ここはモアイの石切り場、

いわゆる製作工場だったところ。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117180006j:plain

ここだけで

約400体モアイがあるそうです。

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200121211241j:plain

島内には他にもモアイを

見られるスポットがありますが、

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200121211311j:plain

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200121211332j:plain

正直途中から飽きてきます(笑)

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200121211816j:plain

イースター島では

日本人宿ハレカポネに宿泊。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117172709j:plain

ここで知り合って

レンタカーで一緒に島内を巡った

イケメン美容師のタクミ君。

 

美容師と外科医の仕事って

意外と共通点が多くて

話してて面白かったです。

 

またいつか日本で会いましょう!

 

 

 

 

絶海の孤島、イースター島

 

いつか1度は見たかったモアイ像を

最後は飽きがくるまで堪能できました。

 

 

翌日はまた5時間のフライトで

南米大陸に戻ります。

 

 

以上、イースター島旅行記でした。

 

 

Rio

10月14-17日

 

イグアスの滝を堪能した後は

 

プエルト・イグアスから国内線に乗り

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117162203j:plain

アルゼンチン首都

ブエノスアイレスを訪れました。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117172424j:plain

7月9日通りにある巨大なBAロゴ
 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117173840j:plain

ブエノスアイレス街並み

ヨーロッパみたいです。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117162625j:plain

近代的な繁華街エリア

 

なおこの辺りを歩いていると

闇両替を持ちかけてくる輩が沢山います。

 

アルゼンチン経済は何度も

デフォルト債務不履行)を起こしており

 

国民は自国通貨ペソ

全く信用していません。 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117171829j:plain

ただそのおかげでアルゼンチンの

物価は安いです。

 

小綺麗なレストランでも

一食500円程度。

 

 

 


f:id:rio_carpe_diem:20200117162335j:plain

これは5月広場

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117162435j:plain

5月広場に面した大統領府

 

ピンク色が特徴的です。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117162724j:plain

これはエル・アテネという書店

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117162759j:plain

イギリスの雑誌で

世界で2番目に美しい本屋

と紹介され

 

今や人気観光スポットとなっています。 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117162740j:plain

かつては劇場だったそうです。

 

 

 

 

 

ブエノスアイレス

アルゼンチン最大の都市ですが

見どころは多くないため

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200121194217j:plain

1日はウルグアイ

コロニア・デル・サクラメント

という街へ日帰りで出掛けました。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117171927j:plain

ブエノスアイレスから

コロニア・デル・サクラメントへは

 

フェリーでわずか1時間15分の距離。 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117171852j:plain

ウルグアイに入国 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117171956j:plain

コロニアは非常に小さな港町ですが

 

旧市街の歴史地区

世界遺産に登録されています。

 


 f:id:rio_carpe_diem:20200117172041j:plain

城壁が残っている場所もあります。 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117172022j:plain 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117172205j:plain

 

f:id:rio_carpe_diem:20200117172227j:plain

ブエノスアイレスは噂通り

見どころが少なくて

正直退屈でしたが、

 

コロニアの街並みは雰囲気が良く

ぶらぶら散歩しているだけでも

楽しかったです。

 

 

今後ブエノスアイレス

訪問予定の方には

 

コロニアにも立ち寄ることを

おすすめします。

 

 

以上、ブエノスアイレス

コロニア・デル・サクラメント

旅行記でした。

 

 

Rio

10月12-13日

 

リオデジャネイロでの滞在を終え

 

 

次は世界三大瀑布の1つである 

 

イグアスの滝を見に行きます。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112161508j:plain

イグアスの滝はブラジルとアルゼンチンの

国境に跨がっており、

 

両国それぞれに国立公園があります。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112164419j:plain

まずは空路でブラジル側の拠点の町

フォス・ド・イグアスに入りました。

 

リオからフォス・ド・イグアスまで

長距離バスも一応あるようですが

約24時間もかかるのでおすすめしません。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124635j:plain

市内のバスターミナルから

イグアス国立公園行きのバスが出ています。 

 

国立公園は終点なので

最後まで乗っていればOK。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124650j:plain

国立公園の入口で入場券を購入。

大人1人70レアル(≒1850円) 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124706j:plain

入場したら今度は

公園内を走る無料バスに乗ります。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124748j:plain

バス停はいくつかありますが、

 

Hotel das Cataratasの前で降りて

写真のような遊歩道を歩いていく人が

ほとんどです。


 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124723j:plain

これはまだメインの滝ではありませんが、

遊歩道の片側はこんな景色が続きます。

 

 f:id:rio_carpe_diem:20200112124812j:plain

野生のハナグマ

後ろ姿しか撮れなかった。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124833j:plain

メインのビューポイントに到着。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124932j:plain

凄い水量

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124848j:plain

遊歩道を最後まで進むと、

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124916j:plain

素晴らしい景色!

ナイアガラの滝の比ではない

水量迫力です。

 

1番奥の最も水量の多い場所は

悪魔の喉笛」と呼ばれ、

後述するアルゼンチン側から

間近で見ることができます。 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112124955j:plain

ブラジル側のおすすめは

展望台からの景色。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125029j:plain

滝の全景が見渡せます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125059j:plain

歩いた遊歩道

 

 

 

滝を見終わったらこの日は

フォス・ド・イグアスの町で1泊。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125124j:plain

夕食は

シュラスコレストランへ。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125141j:plain

本場のシュラスコは期待通りに

美味しかった!

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125209j:plain

翌日はアルゼンチン側の国立公園へ。

 

まずはアルゼンチン側の拠点の町

プエルト・イグアスに移動します。

 

 

なおブラジル人やアルゼンチン人は

パスポートチェックなしでこの国境を

越えられるようですが、

 

日本人はそうはいかないので

運転手に国境で降ろしてくれと

伝えておきましょう。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125233j:plain

プエルト・イグアスのバスターミナル

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112173325j:plain

ここから国立公園行きのバスに乗ります。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125327j:plain

アルゼンチン側の国立公園に到着。

入場料は800ペソ(≒1450円)

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125342j:plain

アルゼンチン側の国立公園は

とても広大なので、

公園内を移動する鉄道があります。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125403j:plain

悪魔の喉笛への遊歩道の入口

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125423j:plain

悪魔の喉笛までは結構歩きます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125455j:plain

ようやく滝が見えてきました。 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125652j:plain

間近で見る悪魔の喉笛

水しぶきが凄すぎて下が見えません。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125534j:plain

すさまじい水量。

 

このビューポイントは近すぎて

全景を撮るのが難しい。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200112125552j:plain

こちらは下流

前日のブラジル側の展望台が見えます。




f:id:rio_carpe_diem:20200112125515j:plain

観光客で大混雑していましたが

さすがに南米となると

アジア人はかなり少なかったです。

 

 

 

 

世界三大瀑布の1つであるイグアスの滝

 

ブラジル側からは滝の全景を、

アルゼンチン側からは間近で悪魔の喉笛を

見ることができ、

 

どちらもそれぞれの良さがありました。

 

 

今後訪問予定の方は

ぜひ両方の国立公園を巡ることを

おすすめします。

 

 

以上、イグアスの滝旅行記でした。

 

 

Rio

10月8-11日

 

気が付けば出発してから

およそ半年が経過し、

 

 

遂に南米に上陸!

 

 

 

 

記念すべき南米1ヶ国目は

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107192334p:plain

ブラジル!

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107192813j:plain

まずはブラジル屈指の光都

リオデジャネイロを訪れました。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107185315j:plain

セントロ高層ビルが立ち並び

とても発展しています。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107190129j:plain

本当に大都会です。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191229123936j:plain

セントロにあるカテドラル

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191229124156j:plain

教会っぽくない建物で印象的。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107190936j:plain

次はセントロから少し歩いて

セラロン階段に到着。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107190443j:plain

インスタ映えスポットとして

観光客に大人気です。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191229124356j:plain

陽気でノリノリなブラジル人もいます。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107191210j:plain

市内は地下鉄での移動が便利。

朝と夕方は非常に混雑します。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200111180241j:plain

車両は新しくて綺麗。

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107191734j:plain

マラカナンの悲劇で有名な

マラカナン・スタジアム

 

スケジュールが合わなくて試合観戦はできず。 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107191810j:plain

これも定番の見どころ

コパカバーナビーチ

 

綺麗なビーチがずっと続いています。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200111180715j:plain

フットバレーを楽しむ人たち。

 

上手な人が多かったです。

さすがブラジル。

 

 

 

 

 

最後にリオのシンボルである

巨大キリスト像が見られる

コルコバードの丘を紹介。

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107192205j:plain

コルコバードの丘への行き方

登山鉄道が最も早くて便利。

 

ただ非常に混雑するのでチケットは

HPからオンライン購入することを

おすすめします。

(往復65レアル≒1700円)

http://www.tremdocorcovado.rio/index-eng.html

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107192224j:plain

想像していた以上に高いところまで

登っていきます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200111181738j:plain

頂上駅に着いた後は

エレベーターで更に登ります。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107192124j:plain

キリスト像とご対面。

本当に大きくて迫力があります。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107191426j:plain

大きすぎてカメラに収めるのが大変で

こんな風に寝転がって撮る人が多数。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107191437j:plain

そのアングルからも1枚。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107191550j:plain

リオデジャネイロNo.1の見どころのため

このように大混雑します。

 

朝1番でこれなので

午後はもっとひどそう。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200107192040j:plain

ここから見渡す景色も素晴らしい

 

 

 

 

リオデジャネイロ見どころが多く

大満足でした。

 

南米周遊は始まったばかり。

この先も楽しみです。

 

 

以上、リオデジャネイロ旅行記でした。

 

 

Rio

10月6-7日

f:id:rio_carpe_diem:20200106152701j:plain

バレンシア観光を終え

バルセロナに戻ってきました。

 

バルセロナは以前の記事では

カンプノウでのサッカー観戦記だけ

だったので、

 

今回は市内の見どころを少し紹介します。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122957j:plain

バルセロナで最も賑やかな

ランブラス通り

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228123015j:plain

ランブラス通りを北上すると

カタルーニャ広場に出ます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228123050j:plain

カタルーニャ広場から

グラシア通りを進みます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228123119j:plain

グラシア通りには

スペインの有名な建築家ガウディ

作品がいくつかあります。

 

これはそのうちの1つ「カサ・バトリョ

 

曲線が特徴的なこの様式は

モデルニスモと言うらしい。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228123109j:plain

こちらもガウディ建築の「カサ・ミラ

 

カサ・バトリョなどと共に

世界遺産に登録されています。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228123138j:plain

カサ・ミラから北東にしばらく歩いて

サンパウ病院」に到着。

 

ガウディの作品ではありませんが

これもまたモデルニスモ様式の建築物で

世界遺産に登録されています。

 

2009年までは診療が行われていたものの

老朽化のため現在は閉鎖されています。

 



f:id:rio_carpe_diem:20191228122921j:plain

最後はバルセロナのシンボルである

サグラダ・ファミリア

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122934j:plain

近くで見るととても迫力があります。

 

 

 

バルセロナは過去にも何度か来ているので

今回は歩ける範囲しか回っていませんが、

 

他にもグエル公園カタルーニャ音楽堂

モンジュイック、ピカソ美術館など

 

見どころがたくさんあります。

 

 

地中海式気候で過ごしやすく

雨の日も少ないのでおすすめの街です。

 

皆さんもぜひ一度行ってみて下さい。

 

 

以上、バルセロナ旅行記でした。

 

 

Rio

10月4-5日

前回の記事では

バルセロナから日帰り可能な

小国アンドラを紹介しましたが、

 

今回はマドリードバルセロナに次ぐ

スペイン第3の都市バレンシア

紹介します。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200105155048j:plain

バルセロナからバレンシアへは

鉄道を使えば3時間と少しで

移動できます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122348j:plain

スペインの高速鉄道renfe

 

チケットはHPから

早めにオンライン購入すれば

安くてお得ですよ。

http://www.renfe.com/EN/viajeros/index.html

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200105154650j:plain

まずは旧市街の様子から紹介。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200105154705j:plain

晴天率が高い街であるバレンシア

 

滞在中はずっと良い天気でした。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122430j:plain

そこまで人が多くなくて

バルセロナよりも快適です。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200105162248j:plain

円形の建物は闘牛場

闘牛を見たかったけど

滞在中には開催予定はなし。残念。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200105154739j:plain

旧市街は細い路地が多く

どこもいい雰囲気です。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200105154724j:plain

カテドラル

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200105161119j:plain

中央市

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122524j:plain

市場は地元客と観光客で

とても賑わっています。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122609j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20191228122620j:plain

スペインはどこの街へ行っても

ワインハムが大人気。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122546j:plain

バレンシアといえばオレンジ

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122633j:plain

バレンシアは地中海に面しており

海産物も豊富です。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122647j:plain

少し歩いて新市街へ。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122705j:plain

新市街で人気上昇中の見どころ

芸術科学都市

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20200105162004j:plain

印象的な建築物が並んでいます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122728j:plain

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122745j:plain

 

f:id:rio_carpe_diem:20191228122805j:plain

建築に詳しくはありませんが

それでも十分に楽しめる場所でした。

 

 

スペイン第3の都市バレンシア

見応えがあり、

温暖かつカラッとした気候も快適でした。

 

 

スペイン旅行を予定されている方は

是非バルセロナからバレンシアまで

足を延ばしてみて下さい。

 

 

以上、バレンシア旅行記でした。

 

 

Rio