整形外科医の世界一周旅行記

医師を1年間休職し世界一周の旅へ

6月29日-7月1日

更新が滞っていました。すみません。

かわりなく元気にやっています!

 

 

旅行記の続きです。

 

 

カンクンから移動し

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902004234j:plain

プラヤ・デル・カルメンに到着!

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903030109j:plain

カンクンからプラヤ・デル・カルメンへは

バスで約1時間15分と簡単に移動できます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903031024j:plain

今回はADOバスを利用。

プラヤ・デル・カルメンまで約500円。

安い。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903031046j:plain

もっと安く行きたければコレクティーという

乗合ワゴン車も頻発しています。

こっちなら42ペソ(約240円)と

もっと安いです。

 

ただそこまで大きな価格差ではないですし

快適性や安全面からADOをオススメします。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902004329j:plain

プラヤ・デル・カルメンもリゾート地ですが

カンクンよりも規模はずっと小さいです。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902004315j:plain

プラヤ・デル・カルメン

5番街と呼ばれる目抜き通り。

 

 

 

プラヤ・デル・カルメンを訪れた理由は

何と言っても

ダイビングを楽しむため!

 

f:id:rio_carpe_diem:20190903033628j:plain

プラヤ・デル・カルメンの近くには

コスメル島があり、

 

この周辺の海は

世界でも有数の透明度を誇るため

ダイバーの楽園とも言われます。

 

ダハブでライセンスを取得した際に

インストラクターの方から

コスメルの海はオススメと聞いていたので

楽しみにしていました。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902004438j:plain

プラヤ・デル・カルメンからコスメル島へは

フェリーで40分の距離。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902004456j:plain

コスメル島に着いたらボートに乗船しダイブスポットへ。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902002454j:plain

海人Tシャツを愛用している

メキシコ人ガイドのアーリー

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902004527j:plain

写真は上手く撮れてませんが

ボートでの移動中は

海の綺麗さに驚きました。 

 

 

 

いざダイビング開始!

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902002247j:plain

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902002315j:plain

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902002341j:plain

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902003208j:plain

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902002152j:plain

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902002415j:plain

 カンクンに続き

またしてもナースシャークに遭遇。

 

楽しすぎて時間が過ぎるのが

あっという間でした。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902002704j:plain

ダイビングの後は一緒に潜った日本人の方々と

シーフードレストランへ。

 

こういうのもダイビングの楽しいところですね。

 

 

 

あとプラヤ・デル・カルメン周辺には

ダイビングが楽しめるセノーテ

いくつかあります。 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902004020j:plain

海でのダイビングとは対照的に

森林地帯を車で進みます。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902004037j:plain

セノーテとは陥没穴に地下水が溜まった天然の泉

 

f:id:rio_carpe_diem:20190902004052j:plain

ここからエントリー。

 

ここは個人のカメラは持ち込み禁止だったので

ダイビング中の写真はありませんが

 

洞窟内を探検していく感じで

太陽光カーテンのように射し込むところもあり

神秘的でした。


 

 

カンクンとプラヤ・デル・カルメン合わせて

1週間滞在しましたが

本当に楽しめました。

 

ネタバレにはなりますが

この旅の後半にまたメキシコへ来る予定なので

次回も楽しみです。



Rio

6月26-28日

セント・マーチン島からマイアミを経由し、

 

辿り着いたのはメキシコカンクン

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825063347j:plain

カンクンはメキシコ東部のユカタン半島にある

有名リゾート地です。

 

ずっと以前から行きたかった場所であり

やっとその希望が叶いました。

 

マイアミからは飛行機で所要1時間50分と

簡単に移動できます。

 

 

 

カンクンの街は大きく2つに分けられます。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825080423j:plain

こちらは「ホテルゾーン

リゾートホテルが立ち並び、

多くの観光客が滞在するエリアです。

 

 

 

 

それに対してlocalが生活しているのが「セントロ

安宿もこちらにあります。

 

言わずもがなセントロに滞在。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825080716j:plain

セントロでは夜に屋台が多く出るエリアがあり

食事には困りません。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825080746j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190825080816j:plain

代表的なメキシコ料理タコス

どこで食べても美味しい。

3つで35ペソ(約200円)

 

 

 

 

さて、カンクン見どころですが、

 

まずは何と言っても綺麗な海!

 

エジプトのダハブ 以来の

キューバダイビングを楽しみました。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825060753j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190825060919j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190825061003j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190825061034j:plain

カンクンのダイビングスポットは

難易度は高くないので

リフレッシュダイブには丁度よかったです。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825061120j:plain

これは意図的に沈められてます。

どうなん、それ。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825061202j:plain

ナースシャークというサメ

間近で見られました。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825061233j:plain

今回はカンクンMUSAというスポットだったんですが

ここでナースシャークに遭遇するのは

インストラクターの方でも初めてだったらしい。

 

 

 

そしてカンクンで楽しめるのは海だけではありません。

 

カンクンからはマヤ文明の遺跡である

チチェン・イッツァ(Chichen Itza)

日帰りで行くことができます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825063541j:plain

カンクンからチチェン・イッツァへは

日帰りの現地ツアーがたくさん出ています。

費用も自力で行くより安い。

 

 

ツアーではチチェン・イッツァの他にも

いくつかの場所に寄ります。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825063839j:plain

初っ端は土産物屋に連れて行かれました。

日本のツアーみたいですね。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825063819j:plain

ここではマヤ文明のお祈り(?)の仕方を

教えてくれましたが、

ちょっと胡散臭かった。

 

 

 

その後、本命のチチェン・イッツァに到着。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064000j:plain

入場し少し歩くと、

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064017j:plain

見えました!

メキシコ版ピラミッド!

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064036j:plain

チチェン・イッツァ」は遺跡群の総称であり、

 

このピラミッドは

ククルカンの神殿と言います。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064104j:plain

ピラミッド以外にも色々あります。

ここはマヤ文明時代のパーティ会場らしい。

 

ガイドの説明を聞きながら見て回っていると

急に天気が怪しくなり、

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064134j:plain

瞬く間に雷雨に。

 

カンクンを含めユカタン半島

熱帯であることを実感しました。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064255j:plain

土産物屋の店員が

商品にかぶせたブルーシートの下に

入れてくれました。

 

メキシコ人優しい。

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064359j:plain

スコールが過ぎ去ってから遺跡巡りを再開。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064336j:plain

以前から一度は来てみたいと思っていた場所なので

かなりの満足感を得られました。

 

 

チチェン・イッツァの次はセノーテへ。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064429j:plain

セノーテとは陥没穴に地下水が溜まった

天然の泉です。

 

マヤ文明時代は巡礼地として

ここに供物や生贄を捧げていたらしい。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064459j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190825064524j:plain

希望者はセノーテに入ることができますが、

スコール後で結構寒かったのでやめておきました。

 

 

 

セノーテの後は

歴史あるバジャドリードの街へ。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064618j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190825064637j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190825064751j:plain

 

バジャドリード

メキシコ征服にやってきたスペイン人が築いた街であり、

 

コロニアル調の美しい街並みが

広がっています。

 

 

 

ツアーで立ち寄るのはここが最後でしたが

 

ツアー内容盛りだくさんで

帰りのバスは爆睡でした。

 

 

このツアーでは同じように1人で参加していた

イギリス人と台湾人と行動していたので

楽しく過ごせました。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190825064811j:plain

イギリス人 Jonny

f:id:rio_carpe_diem:20190825064943j:plain

台湾人Wayne


ずっと来たかった場所、カンクン


ダイビングもチチェン・イッツァも最高でした!

 

もうしばらくメキシコを楽しみます。

 

 

Rio

6月25日

セント・マーチンから

次の目的地への直行便はなかったので

 

経由地に選んだのはアメリカのマイアミ

 

 

空港から出ず同日中に乗り継ぐこともできましたが、

 

せっかくなのでマイアミの街を1日観光できるようにスケジュールを組みました。

 

 

まずは空港から市内への移動情報。

f:id:rio_carpe_diem:20190824064106j:plain

マイアミ国際空港から

観光客の多くが滞在するマイアミビーチの街へは150番バスで簡単に移動できます。

 

片道2.25ドル、所要は約40分。

車内は無料WiFiが使えました。

 

ただし空港での発着は

空港ターミナルではなく

隣接したレンタカーセンターです。

 

※空港ターミナルとレンタカーターミナルは

マイアミムーバーという無料のモノレールで移動できます。

 

 

 

 

 

 続いて観光情報。

 

マイアミの見どころといえば

やはりビーチですよね!

f:id:rio_carpe_diem:20190816025011j:plain 

f:id:rio_carpe_diem:20190824071327j:plain

南北にどこまでも続くマイアミビーチ。

その距離はなんと約16km!

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190824063041j:plain

ただこれ人口的に作られたビーチなんですよね、、

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190816024919j:plain

マリンアクティビティを楽しんだり

パラソルの下でくつろいだり

皆思い思いの時間を過ごしています。

 

どこまでも続くビーチなので

混雑することはあまりなさそうです。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190824063202j:plain

ビーチに沿って歩道もあります。

ビーチを見ながらここを歩くのも

気持ちよかったです。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190824064342j:plain

街のショッピングストリートは

意外と人が少ない。

 

リゾート地なので観光客は

ビーチやホテルで過ごす人が多いのかな。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190824064406j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190824064428j:plain

マイアミビーチの街並みは

アールデコ調で可愛らしい。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190824063252j:plain

この街にはなぜか

ナチスドイツによるユダヤ人迫害の

慰霊碑があります。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190824063318j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190824063438j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190824063358j:plain

マイアミの街との関連性はよくわかりません。

誰か教えて下さい。

 

 

 

最後に安宿情報。

f:id:rio_carpe_diem:20190816025053j:plain

マイアミでは

ロックホステル(ROCK HOSTEL)

に宿泊しました。

 

朝食付きでドミトリー1泊3000円弱。

 

部屋や共用エリアは清潔で、

ビーチ、ショッピングエリア、150番のバス乗り場のいずれにも徒歩圏内と

ロケーションも良く、おすすめのホステルです。

 

ただホステルの1階がバーになっており

毎日夜中まで騒がしいので

部屋によっては寝付きづらいかもしれません。

 

 

 

 

以上、飛行機の乗り継ぎついでに立ち寄った

マイアミビーチの旅行記でした。

 

リゾート地なので家族やカップルならば

長く滞在しても楽しい街でしょうが、

 

一人旅なら1日か2日で十分かと思います。

 

 

 

翌日はまた別の

一人旅でも楽しめるリゾート地へ移動します。

 

 

Rio

6月22-24日

ニューヨークでの滞在を終え

次に訪れたのは、

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190817012945j:plain

セント・マーチン島 

 

 

「 セント・マーチンってどこ?」

と思った方もいるかもしれませんが、

 

f:id:rio_carpe_diem:20190819044315j:plain

カリブ海に浮かぶ

人口が約7万人の小さな島で

このような場所にあります。

 

アクセスが大変そうに見えますが

ニューヨークからは直行便が就航しています。

(むしろセントマーチンに行くためにニューヨークに寄ってました。)

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190819044333j:plain

セントマーチン島は国ではありません。

 

島の北部はフランス領(首府:マリゴ)、

島の南部はオランダ領(首府:フィリップスバーグ)。

 

南北の国境は便宜的なもので

実際にはパスポートチェックなどはなく

島内は自由に移動できます。

 

 

 

 

まずは宿泊情報から。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190815083748j:plain

オランダ領側のフィリップスバーグにある

アリシアズ イン(Alicia’s Inn)」という

ホテルに宿泊していました。

 

 

セントマーチンリゾート地のため物価が高く

バックパッカーが集うような安宿はないので、

 

1泊1万円強でしたが

設備や立地は満足できるものだったので

おすすめホテルです。

 

 

 

それでは観光情報を紹介します。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190817014010j:plain

宿泊していたフィリップスバーグの街は非常に小さく、

特に見どころはありません。 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190817012828j:plain

セント・マーチン最大の見どころ

マホビーチへ向かいます。

 

島内には鉄道や市バスはなく

写真のようなワゴン車による乗合バスで移動します。

 

バス停はなく

手をあげて止めれば

どこからでも乗れます。

 

 

運賃は距離に関係なく2USドル。

 

公式通貨はフランス側がユーロ、

オランダ側がアンティルギルダーとなっていますが、

 

実際にはアメリカドルが島全体で

最も流通しています

 

f:id:rio_carpe_diem:20190817012847j:plain

 

現地人のほとんどは

昔に奴隷として連れてこられた

アフリカ系黒人です。

 

みな非常に陽気で、

運転手や他の乗客からよく話しかけられます。

 

なお通貨同様に

フランス語とオランダ語公用語ですが、

実際にはみな英語を話しています。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190819044910j:plain

マホビーチに到着。 

 

とても綺麗なビーチですが、

 

ここを訪れる多くの人の目的は

ビーチ自体ではありません。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190819044928j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190817014604j:plain

すぐ後ろに

プリンセス・ジュリアナ空港

滑走路があるんです。

 

SNSなどで随分と有名になったので

知っている人も多いかもしれませんね。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190819045302j:plain

遠くに飛行機が見えると、

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190819045316j:plain 

f:id:rio_carpe_diem:20190819045329j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190819045347j:plain

すごい迫力で目の前を通過して行きます!



f:id:rio_carpe_diem:20190819203215j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190819203751j:plain

小型のプロペラ機も着陸しますが、

 

f:id:rio_carpe_diem:20190815083005j:plain

やはり大型の旅客機の方が見応えがあります。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190815083829j:plain

ビーチのすぐ横にバーがあり

その日の飛行機の到着予定を

記載してくれているので

 

f:id:rio_carpe_diem:20190817013613j:plain

日射しも非常に強いし

ここでビールを飲みながら楽しみます。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190819203850j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190819203906j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190819204001j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190819204018j:plain

この旅で絶対に訪れたい場所だったので

大満足でした!

 

 

 

また、着陸だけでなく

離陸の際も楽しむことができます。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190815083817j:plain

離陸の際の

ジェット噴射の凄まじさを体感できます。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190819204351j:plain

 

f:id:rio_carpe_diem:20190817014634j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190819204605j:plain

大型機の離陸では

先頭の人たちのように

フェンスにしがみついてないと

吹っ飛ばされます。

 

 

小さめの飛行機の時に

体感してみましたが

それでも凄い風力で

 

隣の人は帽子が海まで飛ばされてました。

 

 

 

 

 

日本からアクセスするには

乗り継ぎを含めるとほぼ1日はかかる

セント・マーチン島ですが、

 

それに見合うだけの絶景を楽しめますし、

飛行機が好きな人には特におすすめです!

 

Rio

6月17-21日

ポルトガルでの滞在を終え、

 

いったん欧州を脱出しました。

(欧州には後でまた戻ります。)

 

 

 

次にやってきたのは

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813061844j:plain

ニューヨーク!

 

 

 

ニューヨークには過去に一度来ていますが

 

春だったのに大寒が到来し

 

満足しきれなかったんですよね。

 

 

 

なので今回は夏に訪れて

そのリベンジを果たします。

 

 

ニューヨークの移動や安宿の情報は

インターネット上に溢れていると思うので

この記事では割愛し、

 

 

ニューヨークの見どころ

ざっと写真で紹介したいと思います。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190815074703j:plain

ニューヨークは本当に

高層建築だらけです。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190815074825j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190815074841j:plain

タイムズスクエア

 

一度はここでの年越しを

経験してみたいですね。

 

寒さ、待ち時間など相当大変らしいですが。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190815074901j:plain

映画の撮影などでよく使われる
グランド・セントラル・ターミナル



 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813061944j:plain

ブルックリン地区

 

治安が悪かったのは過去の話で

今ではオシャレなエリアです。

 

奥に見えるのはマンハッタンブリッジ

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190815080813j:plain

こっちはブルックリンブリッジ

アメリカ最古の吊り橋です。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813062136j:plain

ブルックリンブリッジは

歩いて渡れます

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813062209j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190813062228j:plain

マンハッタンを見ながら渡れるので

楽しいですよ。

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813062301j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190813062318j:plain

世界の金融の中心地である

ウォール街

ニューヨーク証券取引所

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813062449j:plain

グラウンド・ゼロ

 

9.11アメリ同時多発テロで倒壊した

ワールドトレードセンターの跡地です。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813062538j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190813062553j:plain

あれからもう18年が経ちます。

 

そういえば

アメリカ政府の自作自演説もあったけど

あの議論はどうなったんだろうか。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813062635j:plain

大都会の中にあるセントラルパーク

 

とても広大で、その面積は

東京ドームの約70倍、USJの約8.5倍です。

 

やはりアメリカはスケールが違いますね。

 

 

多くのニューヨーカーがランニングしてますが

公園をぐるっと大きく回るコースは

1周が約10kmだそうです。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813062610j:plain

セントラルパークの東端にあるのは

入場者数が世界トップ3の常連である

メトロポリタン美術館

 

 

美術、芸術が好きな人なら

1日中いられる場所だと思います。

 

 

 

 

 

最後に

最近SNSなどで話題になっている

穴場観光スポットを紹介。 



f:id:rio_carpe_diem:20190813062341j:plain

再開発地区ハドソンヤードにある

 

Vessel(ヴェッセル)

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190813062400j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190815082421j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190813062410j:plain

 独特な構造の建築物。

 

すぐ近くで無料の整理券が配布されており

記載された時間に入場できます。

 

人気が上昇すれば有料になるかもしれませんね。

 

 

 

 

ニューヨークは2回目なので

程々にしか観光していませんが、

 

他にも自由の女神エンパイアステートビル、国連本部など

見どころがとても多いです。

 

 

一人旅でも家族旅行でも

間違いなく楽しめる場所です。

 

是非一度行ってみてください。

 

 

Rio

6月13-16日 その②

リスボン旅行記 その② です。

 

 

リスボンからは

ユーラシア大陸最西端

ロカ岬日帰りで行くことができます。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811064252j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190811064315j:plain

ロシオ駅からシントラ行きの電車に乗ります。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811064342j:plain

約40分でシントラ駅に到着。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811064509j:plain

ロカ岬に行く前に

シントラの見どころの1つである

ペーニャ宮殿に立ち寄りました。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811064531j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190811064551j:plain

カラフルな宮殿

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811064706j:plain

上からの眺めもなかなか良かった。


ロカ岬に行くなら

ペーナ宮殿は立ち寄って損はないと思います。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811064751j:plain

その後はバスに乗りロカ岬に到着。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811064856j:plain

見えました!ロカ岬!

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811064955j:plain 

f:id:rio_carpe_diem:20190811064156j:plain

奇景を望める訳ではない

ただの岬ですが、

 

ここが

ユーラシア大陸最西端かと思うと

 

どこか心が躍りました。

 

 

 

 

旅行記 その①で紹介したところも含め

リスボンとその近郊は見どころが多く

毎日楽しく過ごせました。

 

西欧にしては物価は高くないし

治安も特に問題ないので

オススメの街です!

 

 

 

 

最後にリスボン安宿情報

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811065226j:plain

リスボンでは

NLCホステル(NLC Hostel)

に宿泊していました。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190811065247j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190811065301j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190811065318j:plain

ドミトリー、共用エリアとも非常に清潔。

WiFiもサクサク。

 

朝食付きでドミトリー1泊€21でした。

 

高級ブランド店が立ち並ぶ落ち着いたエリアにあり、

中心地やロシオ駅には徒歩圏内で

地下鉄の駅もすぐ近くとロケーションも抜群。

 

スタッフもみな親切なので

オススメですよ。

 

 

Rio

6月13-16日 その①

6月にヨーロッパを抜ける前に

 

最後に訪れた都市は

 

ポルトガルリスボン

 

 

リスボン見どころが多かったので

記事を2回に分けることにしました。

 

 

早速リスボンの見どころを紹介。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810063324j:plain

いつも賑わっているアウグスタ通り 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810063349j:plain

サンタ・ジュスタのエレベーター

エッフェル塔を設計したエッフェル氏の弟子が建てたらしい。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810065845j:plain

クラシックなデザインのエレベーター

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810063434j:plain

f:id:rio_carpe_diem:20190810063507j:plain

上からの眺めはなかなか良い。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810063540j:plain

先ほどのアウグスタ通りをさらに進めば

コルメシオ広場に着きます。


f:id:rio_carpe_diem:20190810070528j:plain

コルメシオ広場の前はテージョ川


リスボン市内にはなぜか

トゥクトゥクが多く走っています。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190808064532j:plain

リスボンの最も代表的な乗り物は

ケーブルカー

 

ただほとんどの車体が

このように落書きされており残念。

 

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810063721j:plain

街はトゥクトゥクだらけで東南アジアみたい。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810063831j:plain

道端で出会った少女。

向こうから写真撮れと言わんばかりに

ポーズを決めてきたので思わず1枚。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810063901j:plain

リベイラ市場

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810063924j:plain

飲食店が沢山ありいつも賑わってました。

 

ポルトガルは西欧の主要都市にしては

そこまで物価は高くありません。

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810063948j:plain

ベレンの塔

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810064005j:plain

大航海時代の記念碑である

「発見のモニュメント」

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810064019j:plain

ヴァスコダガマやザビエルなどの像が

並んでいます。

 

 

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810064041j:plain

斬新な方法でオレンジジュースを

作っている人がいました。

 

 

 

ベレンの塔や発見のモニュメントの近くには

 

ポルトガルの代表的なスイーツである

エッグタルトの人気店があります。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810064102j:plain

パステイス・デ・ベレン(Pasteis de Belem)というお店。

並びますが意外と回転が早くて

すぐ買えました。

 

f:id:rio_carpe_diem:20190810064118j:plain

エッグタルトは

ポルトガル語パステル・デ・ナタ

 

人気店だけあって確かに美味しかった。

 

 

 

リスボンの街歩きしてても

特に危ない雰囲気を感じる場所はありませんでした。

 

見どころは多いですが

地下鉄、路面電車、バスなどの公共交通は整っており、

また西欧の都市にしては物価はさほど高くないのでとても居心地が良いです。

 

 

残りの見どころはその②で紹介します。

 

 

Rio